飲酒によって起こる疲労をオルニチンが抑制する

肝臓は70%から80%程度が失われても、半年後には元通りに回復しているほど再生能力が強いため、ある程度のダメージを与えられても問題なく働きつづけるという特長があります。このため肝臓のダメージに本人がそれを自覚しないことも少なくなく、外部から症状に気づくころにはまあまあ病変が進んでいることがとても多いため、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。人体ではオルチニンを生成することができず外部から摂取する必要があります。しかし、十分なオルチニンを食事によって取り入れるには大変な量を食べないといけなくなります。オルチニンサイクルの活性化のために必要なオルチニンの量は人によって違いますが、1日に400mgくらいが平均的な量です。しじみ(オルチニンが豊富にふくまれる)でそれを補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。その他にも有名なアミノ酸にシトルリンとアルギニンがあり、サプリメントとしても人気があります。オルチニンには成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。筋肉の量を増やしたり筋力(意外と簡単なトレーニングでつけることができます。ただ、負荷の掛け方やフォームには注意した方がいいでしょう)を高めたい、運動好きの男性・女性にもお勧めできます。健康維持・健康増進だけでなく、スッキリした見た目を実現するために、オルチニンサプリを摂取する方も、どんどん増えてきています。オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではもうひとつ、TCAサイクルと言われるものも行なわれます。このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で働いている代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATPを生成するものです。ATPというのは筋肉のエネルギー源で、生命活動の維持には絶対必要なものです。アンモニアはこのTCAサイクルを阻害することがわかっています。アミノ酸の一種であるオルチニンの主な効果は、肝臓の働きを補助することです。オルニチンを摂取したグループと摂取していないグループに対して、「日常生活の自覚症状」についてアンケートを行いました。その結果、「全身のだるさ」や「朝の目覚めの気分」といった全ての項目で、オルニチンを摂取したグループの改善率が、摂取していないグループよりも高い値を示しました。特に「考えがまとまらない」という項目では、有意な改善が認められています。人体のタンパク質を構成しているのはアミノ酸ですが、オルチニンというのはちょっと特殊なアミノ酸で、浮遊したまま結合しない遊離アミノ酸という物質がもとになっています。遊離アミノ酸は血液の中にふくまれていて、血液といっしょに体内を巡って各器官の働きを補助しています。このようにオルチニンは、肝臓の機能を高め二日酔いや悪酔いを未然に防止してくれるのです。オルニチンをどれくらい摂取して良いか、基準となるのはだいたい1日あたり500mg~1000mg程度となります。持ちろん500mgから1000mgというのはまあまあの幅ですが、人には個体差があります。身長や体重はそれぞれ異なりますし、内臓の処理能力も異なります。自分の適正量をしるには、摂取量を日少しずつずらしながら、自分のちょうどの服用量などを見極めるのがよいでしょう。肝臓の内部でオルチニンサイクルが発生することで、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアも解毒されるため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、お酒より先にサプリを飲むようにしましょう。最低でも、完全に酔っ払ってしまう前に飲むべきです。その後は、寝ている間にアルコール分解が、素早く行なわれます。オルニチンに期待する効果は皆が同じとは限りません。でも、オルニチンの効果としてよく知られているのは、体全体の代謝力を上げることによって、脂肪を燃やすということです。お酒の飲みすぎなどで、数値が悪くなっている方、肝機能の低下で疲れやすくなっている方、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、まさにうってつけの成分ですね。オルチニンサイクルが起きる結果、アンモニアは尿素に変えられて、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として排出されます。しかし、オルニチンが不足しオルニチンサイクルが十分に機能せず、有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンの効果が追いつかなくなると、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。肝機能を向上させるのもオルチニンの効能なので、アセトアルデヒドの分解やデトックスにも高い効果があります。そのため、二日酔いの予防や、酔いが回る勢いを抑えてくれる効果も期待することができます。持ちろん、幾らオルチニンサプリを飲んでいても、アルコールを飲みすぎてしまうと、いままで以上に肝臓の数値を悪くしてしまうことになるでしょう。しじみの栄養成分を摂取しようと思った時、可食部の分量で記載されているため、実際に買ってくる必要のあるしじみの量は4倍の量が必要になります。例にするなら400gのしじみをスーパーなどで買ってきて、ようやく100gのしじみ(可食部)ということになります。また、しじみ(水煮)と生の栄養成分にも差があります。しじみに限りませんが、食品は加熱すると縮み・水分が減ります。可食部の栄養成分はしじみの本体に残った栄養成分を測定していますので、水分が減って、脂質やたんぱく質などは増えます。しじみ汁の栄養成分は、汁をすべて飲む+しじみの可食部を全てほじくり返して食べるのであれば、生の可食部の栄養成分+調味料となるはずですあわせて読むとおすすめなサイト⇒オルニチンサプリランキング

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク